城東やすらぎグループ ブログ

jyasuragi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:作業療法士の稲作日記( 11 )

抜い穂

城東やすらぎグループホームページはこちらから

10月11日(木) くもり時々晴れ 23℃
d0097634_3482838.jpg

今日は、稲刈りをしました\(^o^)/
6月20日に種を蒔いて、約4ヶ月…。感無量ですね…。
 一粒一粒が、本当にきれいです♪

今回は、園芸用の土で育った稲と、園芸用の土と山土を混ぜた土で育った稲を刈り取りました。
少しでも多くの方に収穫していただこうと思い、鎌ではなく、ハサミを使いました。
作業療法を終えた患者様方に声をかけて、刈り取っていただきました。1~2本ほど切る方、一株を上手に切る方など色々でした。
稲作を経験した事がある方は、稲の持ち方が様になっていて、なんだか格好良かったです(#^.^#)
刈り取った稲は、はさかけ(稲架掛け)で、自然乾燥させたいと思います。
d0097634_3491213.jpg

私は、まとめるのが下手なので (^_^;)、患者様に協力していただきました。

d0097634_350058.jpg
  
まとめていただいた稲は、このように掛けました。この姿もまた素敵です♪
明日、雨が降らなければ、外に出して自然乾燥させたいと思ってます。



10月12日(金)  晴れ
昨日刈り取った稲を、外に出しました。
はさかけ(稲架掛け)については、職場の方々から、いろいろアドバイスをいただきました。ありがとうございます<(_ _)>
試行錯誤の結果、作業療法室にあった小さな脚立に、棒を乗せて、その棒の両側に稲を天秤のようにかけて干しました。

 こんな感じです♪
d0097634_3502713.jpg


たまにバランスを崩して倒れていますが…(^_^;)
お日様の光を浴びて、風に揺れている稲の様子は、見ているだけでも素敵です♪



10月15日(月)  くもり時々晴れ  23℃

土曜日・日曜日のお休み中、稲は作業療法室に入れておいたのですが、金曜日のお日様と爽やかな風のおかげで、とても良い香りがします。
干せた稲藁の香りを久しぶりに堪能しました。
お日様の香りがするというか…、とにかく「あぁ、幸せ…」って感じです(#^.^#)♪
今日も、自然の力をお借りしたいと思います。



10月16日(火)  晴れ  22℃
d0097634_3521387.jpg

今日は、山土で育った稲を刈り取りました。
栄養が少ない土で、いろいろなハプニングに遭遇しましたが、ちゃんと実をつけて、頭を垂れています。
一本一本、ハサミを使って刈り取っているときに、思わず「がんばったね」「ありがとう」なんて、声をかけていました(#^.^#)♪

d0097634_3533528.jpg

刈り取った稲は、本数も少なかったので、まとめてからハンガーに掛けて干しました。(ちょっと見えにくいですか?)
なかなか、良い感じで風に揺れてますよ。

この生長した姿を、お世話してくれた実習生たちに見せてあげたいですね。
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-03-28 14:09 | 作業療法士の稲作日記

稲穂その2

城東やすらぎグループホームページはこちらから

9月25日(火)  雨のちくもり、そして晴れ  23℃(8:30頃)
d0097634_346178.jpg

連休前に、土が乾かないように、お水をた~っぷりあげておきました。
でも、連休中は水がなくなって、土が乾いていないか心配で心配で…。

今朝、職場に着いてから、稲の様子を見ると、少し傾いている稲もありましたが、結構元気そう。昨日の夜から今朝にかけての雨は、稲にとっては恵みの雨になったのかもしれません(^^)♪

今日は久しぶりに、最初に田植えをしてくれた学生が、病院に遊びに来てくれました。
せっかくなので(!?)稲穂の数を確認してもらいました。

 株の数稲穂の本数白い稲穂の本数①園芸用の土のみ794(13.4)9(1.3)8.70%②山土と園芸用の土を混ぜたもの8123(15.4)14(1.8)10.20%③山土のみ710(1.4)0(0)※( )内は、一株あたりの平均本数学生たちは、自分が植えた稲が成長し、実をつけていることをとても喜んでいましたし、元気をもらっていったようです。
これから、卒業研究や、試験などの山場を迎えますが、稲が生長した過程と同じように、こつこつと日々の努力を惜しまなければ、きっと達成できるでしょう。
ファイト!ヽ(^o^)丿




10月1日(月) 雨のちくもり

最近、夜や明け方は気温がずいぶん下がり、かなり空気が冷えてきました。(明け方は16℃ぐらい)
寒がりな方は、もう電気ストーブや、こたつを出したようです (^_^;)
稲穂は、だいぶ頭を下げてきています。色も緑から黄色に変化してきています。
①園芸用の土の稲が、かなり傾いてきています。田植えをしたときに、土の様子が「ふかふか」していたので、ちょっと心配はしていたのですが…。
何とか倒れまいとがんばっています <(`^´)>
今、足元にお水が1cmほど入っていますが、お水の深さも影響があるのかなぁ…。



10月3日(水)  晴れ  22℃

今日は、朝からお日様の光が十分に届き、赤みを帯びた黄金色(さすが、赤米ですね)に近づいてきた稲穂が、とても綺麗にみえます。
患者様も、窓からみえる稲穂を見て、「あれ、私が植えた(種を蒔いた)のやろ?元気やね。」と、笑顔でお話されています。

実がついていなかった、白い稲穂は、その茎そのものが枯れて、倒れています。
目的を果たせなかったものは、静かに役目を終え、自分に供給される栄養を、他の稲穂に行き届くように、身を引いたようにも思えます。




10月4日(木)  晴れのちくもり時々雨

朝は、かなり清々しいお天気で、秋らしい空がひろがっていました。
そんな空を背景に パシャ!
 綺麗でしょ~♪
作業の休憩中に、稲作を経験していらっしゃる患者様から、「もうすぐ収穫できるね。きれいになっとるわ」と、お褒めの言葉をいただきました。
毎日見ていても、全く飽きることがないですね。



10月10日(水) 晴れ

連休中は、気温が28℃近くになった日があったかと思えば、うって変わって次の日は雨が降って気温が16℃と、とても寒かったりするなど、気温の変化がずいぶん激しかったです。私の周りにも、体調を崩す人がちらほら…。
今日は、清々しいお天気で、稲さんたちも気持ち良さそうに風に揺れています。
「もうそろそろ収穫してもいいんじゃない?」という声がちらほら。稲穂を手にとって見ると、籾が割れてきているのがいくつかあります。
これって、もしかして…、もうかなり良い(というか、限界に近い)状態なのかしら(^_^;)?
素人の私には、収穫の最適な状態がなかなか判断が付かなくて…。
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-03-24 21:56 | 作業療法士の稲作日記

初!稲穂

城東やすらぎグループホームページはこちらから

9月4日(火) 晴れ
d0097634_3211142.jpg

①の園芸用の土の方から、稲穂が顔を出してくれました。一株に1~2本です。
とても、綺麗ですよね☆ 初めて、茎の中からがんばって顔を出している最中の稲穂の姿を、間近で見させてもらいました。
なんだか、すごく感動しました♪
 
思わず時間の経つのも忘れて、じーっと見つめてしまいました(#^.^#)♪
 
d0097634_324594.jpg
d0097634_3245885.jpg














      ①園芸用の土のみ          ②園芸用の土と山土の混合
     
茎に触れてみると、稲穂が顔を出す前と、出した後では、茎の硬さが違いました。
やはり、稲穂の重さを支える為でしょうか?かなり硬く、しっかりしています。


9月5日(水) 晴れ
d0097634_340622.jpg

① の園芸用の土の稲穂の数が増えてきました。一株あたり3~7本です。
ふっくらしている茎に触れると、茎の中に稲穂が入っているのがよくわかります。
なんだか、妊娠しているみたいです。とても大切にしたくなりますね。
また、昨日のような稲穂が顔を出す瞬間に出会えると思うと、ワクワクします♪



9月10日(月) 雨のちくもり
d0097634_3415987.jpg

園芸用の土と山土を混ぜた土の方からも、稲穂が顔を出し始めました。1つの株から、2~14本顔を出してくれています。
土・日曜の2日間で、あっという間に変化しますね♪
園芸用の土のほうは、一株あたり4~25本と増えてきています。
でも、中には 真っ白の稲穂があります。他とは様子が違います。何かあったのでしょうか?



9月18日(火) 晴れ

みんな、元気に育っています。
 
しかし、一株あたり1~2本白い稲穂があります。
d0097634_3403975.jpg


師匠に伺うと、「稲穂全体が白いということは、稲穂が茎の中にいるときに、虫に食べられたんじゃないかな?」とお話をいただきました。
「なるほど」と思い、茎を見てみると、確かに茎の途中に小さな穴が開いていて、周囲が黒くなっています。もしかしたら、虫さんの入った跡かもしれません。
でも、不思議ですね。虫に食べられた状態でも、ちゃんと伸びて、稲穂は顔を出してくれるんですね。



9月20日(木) くもり 28℃
d0097634_341364.jpg

山土で育てている稲から、稲穂が顔を出しています!
なんて嬉しいんでしょう\(^▽^)/
  
d0097634_3425736.jpg
  

実は、ちょっと諦めかけていたんです…。土に栄養も少ないし、身長も高いので50cmぐらいで、分けつも6本ぐらいで止まっているし…等など、色々と理由をつけて、他の稲たちと比べて、勝手に実りが有るか無いかを、判断していたんです。
稲さんたち、ごめんなさいm(__)m

師匠からよく、「育てている人間が、まだ生長過程で、勝手に諦めたり、判断してはいけない。最後まで、どのように成長していくのかをよく観察して、それに応じて必要な手助けをしていく事が大切。」という事を、教えていただいてたのに、いざ自分が実践するとなると、なかなか難しいですね。
稲穂が、顔を出してくれたおかげで、自分がいつの間にかそんな判断をしていたことに、気が付きました。

この事は作物だけではなく、臨床の現場でもあてはまる様に思えました。
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-03-22 09:19 | 作業療法士の稲作日記
城東やすらぎグループホームページはこちらから

朝、窓から稲を見てみると、2つある園芸用の土と山土を混ぜた土のうち、片ほうの稲の様子がおかしい…。
d0097634_22572717.jpg

葉が、縦にくるっとまいて、ネギのような状態になっている!
これはやばいっっっ\(◎o◎)/!
明らかに水分不足のサインではないかっ!! 学生もかなりうろたえていました(;O;)
いきなり大量の水を与えると、土の中が酸欠になって、かえってよくないという事を聞いたことがあったので、様子を見ながら水を与えました。
d0097634_22574361.jpg

30分後には、葉は開いていて一同 ほっと胸をなでおろしましたよ…
植物は、素直に表現してくれるなぁ(^_^;)

稲の状態が何かおかしいとき、ちゃんと観察をして対処すると、また元気になってくれます。今回は、水不足という目に見える原因だったので、すぐに対処できましたが…。


夕方になって
なんで、あの1つだけが、水分が足りない状態になったんだろう?他は何ともなかったのに…。と思い、じっと観察をしていました。
ふと、私の師匠(方法を教えていただいた方)から、田植えをした頃に
「土の深さはどれぐらい?土の深さが1~2cm違うだけでも、ずいぶん違いが出るんだよ。」というお話を聞いていました。
その時は、ピンと来ていなかったんですが、今回の件で、片方の園芸用の土と山土を混ぜた土だけが他の入れ物に比べて、土の高さが2cm低いんです。
これが原因かもしれない!保水力が土の深さ2cm違うだけで、このような違いが出たのではないか?
今になってようやく師匠がおっしゃった事がわかったように思います。(実は、まだまだ奥が深いことかも知れませんが…)
土台となる 土って、大切ですね。
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-03-15 17:29 | 作業療法士の稲作日記

8月8日(木) 晴れ

城東やすらぎグループホームページはこちらから

d0097634_2259224.jpg

みんな、ずいぶん元気に生長してきています。背の高いものは70㎝になってますよ♪
分けつも一株あたり最高で73本に分かれています。一本の苗が20本~24本に分かれたという事ですよね♪
数え間違いじゃなければ、凄いことです\(◎o◎)/!
特に、生長している苗は、学生が「自分が植えたのだから♪」と言い、とにかく声をかけて、稲に触れていました。やっぱり、植物に声をかけるのって、良いんですね(^。^)♪

お天気の状態が、何日も続いていて、土もちょうど良い具合に乾いてきていたので、そのまま土を干してみることにしました。(理由について興味のある方は、豆知識を見てください)
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-03-08 18:19 | 作業療法士の稲作日記
城東やすらぎグループホームページはこちらから

最近、夕方になるとカラスさんたちが、6~8羽ほどやって来て、なぜか山土のほうの入れ物をつついていきます。こんな感じで、かなり大変な状態…。

d0097634_2221078.jpg


苗を食べる訳でもなく、とにかく発泡スチロールをつついているんです。何でだろう…?
食べられてはいないけど、カラスの体や羽がぶつかるので、折れてしまう苗が何本か出てきています(T_T)
思いつくのは、山土の入っているトレイだけ、生ものが入っていた可能性があるということ。
においがするんでしょうか?でも、なぜ今ごろになって?

食べ物がないのかなぁ…?
いろいろ考えていると、生態系のバランスや、地球の環境問題まで発展してしまいそうです…(^_^;)
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-02-04 22:05 | 作業療法士の稲作日記
城東やすらぎグループホームページはこちらから

みんな、元気に生長していますよ♪
①は平均56cm ②は57cm ③は38cm です。
①と②の身長はだいたい同じぐらいなのですが、茎の太さや、葉の広がり具合、元気の良さが違ってきています。
③は、他に比べると生長はゆっくりです。やはり栄養がないからでしょうか。
でも、その栄養の少ない中で、よく育ってきているなぁ…と、感心もしています。

d0097634_22494984.jpg
①園芸用の土のみ




 
d0097634_2250426.jpg
②園芸用の土と山土の混合






d0097634_22501882.jpg
③山土のみ

         



学生が雨の日以外は、どれだけ大きくなっているか、記録してくれています。
記録と一緒に、感想を一言書いてもらっています。
それぞれの生長の喜びと、その違いに心配したりしています。

d0097634_22531789.jpg


身長と一緒に、分けつ(稲・麦などの、根に近い茎の関節から枝分かれすること)も確認してもらいました。
今回は、一株に3本植えました。手の指を、めいっぱい広げたような感じで、のびのびと育ってきています\(^o^)/
多いもので、一株40本に分かれていました。単純に割り算すると、1本の苗が10本~13本に分かれたということになりますよね。
これからの生長が楽しみです。
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-01-17 18:39 | 作業療法士の稲作日記
伸びてますよ~

前回測ってから、平均で約8cmは大きくなってますね。

毎日の変化はもちろんですが、朝と夕方でも大きさに違いが出てます
(全部は、測れないので、苗を各トレイ1本ずつ決めて計っています。)

トレイOT米
朝 8時35分14cm 16cm 15cm 
夕方 16時 14.5cm 17cm 16.3cm



私も、こんな風に元気にのびのびと成長できたらいいなぁ…、と苗を見つめては思いにふけってしまいますね(#^.^#)

d0097634_8104387.jpg


もお、元気に成長しすぎて「OT米」とは読めないですね(^_^;)

d0097634_8111279.jpg


もうすぐ、田植えの準備です。

d0097634_8105344.jpg

[PR]
by jotoyasuragi | 2007-11-23 20:55 | 作業療法士の稲作日記
発芽してから 3日目。
みんな元気に生長しています♪
発芽率は、O:58/58(100%)、T:18/20(90%)、米:39/40(98%)です。
素晴らしすぎます\(^▽^)/

d0097634_8101066.jpg
 

O:10cm          T:7.5cm           米:6.1cm
実習生と一緒に、記録をつけています。
ぐんぐん伸びる苗に、こちらも元気をもらっています。
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-11-09 14:33 | 作業療法士の稲作日記

平成19年6月20日(水)

実は、前回患者様と蒔いた種は、私の管理ミスで、発芽しませんでした
暑い日が続いたため、種さんは蒸されてダメになっちゃったんです…(>_<)

そこで、気を取り直して再チャレンジ!
d0097634_1438118.jpg

前日から水に浸けておいた種のいくつかは、すでに小さい芽を出してくれてたんです

\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

そんながんばってる姿を見たら、

「今度こそ、失敗しないようにしよう。この芽がちゃんと伸びますように」

と、祈るような気持ちで蒔きました。


お水に浸けるときに数を確認し忘れていたので、数えながら蒔くと、なんと、118粒!

前回より、ちょうど30粒多くなったので、「OT米」の「O」は三重丸になちゃいました。
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-11-07 13:54 | 作業療法士の稲作日記

金沢市にある医療・福祉施設です。


by jotoyasuragi