城東やすらぎグループ ブログ

jyasuragi.exblog.jp
ブログトップ

北陸大学スペシャルフットボールデー

城東やすらぎグループのホームページはこちらから

11月29日に行われた「北陸大学スペシャルフットボールデー 田嶋 幸三氏(日本サッカー協会専務理事)講演会」に参加しました。

クーバーコーチング(Dowish 太陽丘で展開)との絡みで、聴講されている方は主にサッカー少年団関係者の方が多かったようです。田嶋氏の講演では、現在のJFAの構想(2015年までに代表がトップ10入りを果たす事など)、現在の少年サッカーのあり方について(言語技術、リスペクトの精神、8人制サッカーの導入経緯など)など、盛りだくさんの内容でした。特に言語技術については、(いい意味で)日本の相手を気遣う文化が、サッカーにおいてはマイナス要素となりうるといった力強い理論を展開され、なるほどな、と思わせるところが多々ありました。また8人制サッカーについても1試合あたりのボールタッチ数やゴールエリアへの侵入数が飛躍的に増え、選手の上達に繋がるという事を統計学的にも説明していただき、理解が深まりました。今後中高生にも取り入れていく計画もあるようです。ご自身も小学生のお子さんがいらっしゃるそうで、そういう意味でもとても熱の入った講演でした!

その後フットボールパークに場所を移し、テレビでもお馴染みの風間 八宏氏(筑波大学蹴球部監督)による子供たちへの実技指導がありました。生憎の雨模様でしたが、子供たちは元気一杯プレーしていたようです。僕たち(城東やすらぎFC)もここで時々練習試合をさせてもらってますが、本当に気持ちのいいグラウンドです。

何がうれしいかって?
身近にこんな話が聞けてしまう事でしょうか。本当にいい時代になったなあと、つくづく思ってしまいました。北陸大学さんに感謝、感謝です。
[PR]
by jotoyasuragi | 2009-12-07 15:10 | サイコドクターひげの独り言

金沢市にある医療・福祉施設です。


by jotoyasuragi