城東やすらぎグループ ブログ

jyasuragi.exblog.jp
ブログトップ

5月の行事食 ~ 端午の節句

城東やすらぎグループのホームページはこちらから

d0097634_18413728.jpg



5月5日は 「端午の節句」 でした。

端午の節句」の起原は古代中国に遡ります。
古来より中国では 物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていました。
日本でも奈良・平安時代には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出て、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうです。


古代中国では、端午の節句の日に人々は蘭の湯に浸かり、薬草である菖蒲酒を飲み、その菖蒲で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に日本の宮中から鎌倉の武家社会へと拡がります。
特に武士は菖蒲を 「尚武 = 武をたっとっぶ」 とかけて、5月5日を尚武の節目の行事とし、盛んに端午の節句を祝うようになります。

やがて江戸時代に入ると、武家に男の子が生まれると門前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて男児誕生を衆々に知らせ、お祝いました。(当時男児の誕生は、とてもめでたいことでしたから)

これらの風習が やがて裕福な庶民の間へと拡がりを見せ、鯉のぼりをあげたり紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などに発展していきました。
[PR]
by jotoyasuragi | 2009-06-15 10:30 | 栄養部からのお知らせ

金沢市にある医療・福祉施設です。


by jotoyasuragi