城東やすらぎグループ ブログ

jyasuragi.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

○1試合目:対ランブル戦

参加選手:森田(マモ)、西川、宮口、ひげづら、出口、谷

今回は1試合目にして6人しか集まらず、試合開始前なのにすでに弱腰、及び腰。

副キャプテン(さまおう)以下主力が片町?に拉致。またまた陰謀か?
「キーパーやったほうが楽なんじゃね?」と言い出す始末。

相手はどうみても若く、たくましく、そして格上。しかしなんの経験のなせる業、
老獪なプレーで相手を翻弄、そして訪れた・・・・・その瞬間が

名前と裏腹に、攻めだしたら、そして走り出したらとまらない男、マモ

FC内紫錦台カルテット(?)の頂点に立つ男、マモ
(FC内ピラミッド:マモ→アンド→西川→出口)

素早いカットからカウンター一閃、黄金の右足?を振りぬき、ボールは
ネットに吸い込まれるううううううううう!!!!!
ゴルゴルゴルゴオール!!


城東やすらぎFC初得点はマモの足によって生み出された!

しかあし!そのあとすぐに1点を返され、そのままズルズルと点差が
開き、終わってみれば3-1の惜敗。
しかし、選手の顔には笑みがこぼれていた事をひげは見逃さなかった。

「これはいける」と直感的に感じた。
しかし、最近ニューハーフにうつつを抜かしていたためか、すでに足のつっていたひげは、

「や、やばい・・・・しかし、ここで抜けたらまた何を言われるか分からない」
と恐怖感を感じた。

そして次の2試合目、ゴールキーパーをする! とすでに用意をしていたマモから
強引にキーパーグローブを奪い、次の試合に備えたのであった。

しかあし!これが劇的な結果を生むとは誰が予想したであろうか?
そして
かったらおねいさん、負けたらニューハーフと最後のカツを入れたのであった!


○2試合目:対Mos-phy戦

参加選手:前述6人、プラス松本 from富山(あんたも好きね♪)

完全に全員のエンジンがかかった!前試合の相手より格下だったこともあり
終始試合をリード、パスも良く回り、決定機が幾度となく訪れるが
ゴールポストに嫌われイライラの募る展開が続く。

しかあし!そのかべを打ち破ったのは・・・またもやマモ!
攻める攻める攻める・・・・・そしてえ~そのあとには
ゴルゴルゴルゴル
ゴルゴルゴルゴオール!
の山・山・山!!!!

ひげは真正面に転がるボールを受けるだけの楽な展開(イヒ!)。
後半からは城東の壁、松本も加わりマイペースの試合。

そして・・・終了のホイッスル~!!!!

なんとマモは、終了ホイッスルと同時ゴールを含む3得点で
ハットトリック達成!!3-0で勝利!

やりましたよ~!みなさーん!
城東やすらぎFC初勝利!!!

おめでとー!片町にいた皆さんにも味わってもらいたかったなあ(イヤミか?)

ひげは密かに
「このドラマを仕組んだのはすべてわしのおかげぢゃ。クックック」
と、ひとりでほくそ笑んでいたのであった。南無・・・・・・。

マモは一人座り込み、勝ちの余韻に浸っていた。のかと思えば、
「いや、あれはだめだった、もっとできたはず」と反省に余念がない。
やはり、できる男は違うのう

FC内紫錦台師弟コンビは明らかにモメていた
「何で俺にパスださんのや!」
「す、すいません・・・グスッ(涙)」
次はきっと鮮やかなラストパスが送られることであろう・・・・・


しかし、忘れてならないのは未だに城東やすらぎ出身者の得点がないこと(悲)。
その不甲斐なさから、「体力強化合宿」と銘打ち、
金沢城リレーマラソンhttp://www.hokkoku.co.jp/_event/relay2007/index.html
)への参加を義務付けられる事になった(らしい)。まちゃまちゃと一緒に走るゾ!

次回も応援宜しくお願いします!

DR.ひげづら

[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-30 17:07 | 職員レクリエーション
以前ブログでもお伝えしたサポーターチーム
http://jyasuragi.exblog.jp/m2007-01-01/#4626728)ですが、

FBH(FERVO BLUE HEAT)
と名称が決定し、既に開幕戦にむけて横断幕作りなどすでに活動を開始しています。

当グループではFBHの下部組織として、
「B.REX」というチームを立ち上げました!!(パチパチパチ)

名称の由来:
はフェルボのメインカラーの青の「BLUE
そしてフェルボのメインキャラ、「恐竜」、その中の王様である
「T,REX」(ティラノサウルス・レックス)とかけました!
「REX」自体は「王様」という意味です。


団長は私。以下今のところ5名の団員です。

当グループには昨年より勤務してもらっている賀谷選手に続き
4月から藤田 信(まこと)選手が来ます!

おばさんナース メロメロ注意報発令!!!!!!

・・・・・という事で、
このお2人を強力にバックアップしていきたい
と思っています!

またフェルボの公認サポーターとして今後色々な活動を行なっていきます。

入会希望の方は私めにお申し付け下さい。

まだ未決定の部分が多いですが、以下のことがほぼ決まっております。

・年会費2000円(納入時期未定)
・特典(決定項):
  ホームスタンドでの応援、
  ホームゲームシーズンパス(北信越1部リーグのみ、定価2500円)、
  FBHステッカー、
  選手へのインタビュー(広報誌にインタビュー内容が掲載されます)

・特典(予定項):
  アウェイバスツアー割引、
  アウェイゲームチケット無償提供(相手チームによる)

そして・・・・・・・・・・・
記念すべき第1回アウェイ応援バスツアー敢行決定!!

・バスツアー詳細
  観戦試合/北信越フットボールリーグ第2節 フェルヴォ石川 vs 松本山雅FC
  試合日時/2007年4月15日(日)13:00試合開始
  試合会場/長野県総合球技場アルウィン
  当日の予定/朝7:00石川県出発 → 13:00より観戦 → 石川帰着19:00頃
     ※集合場所は後日お知らせいたします。
  ツアー代金:大人(高校生以上)4,000円、小人(中学生以下)2,000円
  代金支払方法/ツアー当日にお支払いいただきます。
  最低催行人員/20名
  申込締切日/4月3日(火)
  ツアー主催者/FERVO BLUE HEAT

ツアーに参加を希望される方は、
 ・お名前
 ・ご住所
 ・電話番号
 ・参加人数(大人/小人を明記)
をお書きになって下記アドレスまでメールにてお申込ください。
バスツアー申込メールアドレス
  ↓  ↓  ↓  ↓
bustour_fbh@fervorosa.com
またはDR.ひげづら chukimac02@yahoo.co.jp または 内線224までお願いします。


※応募者が最小催行人員に達しない場合には、ツアーは中止となります。

長野アルウィンといえば、北信越でも屈指のスタジアム!一度は行ってみたい!
そこで新生フェルボと強豪・松本山雅の激突!!
みんなで熱く応援しよう!

[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-28 14:08 | つれづれ日記

私のマイブーム

私のマイブームは携帯のゲームです。
 
始めは暇つぶしのつもりがはまってしまい、いつのまにか・・・

子供達から「またゲームしとらんか」とあきれた声が聞こえる中

ゲームスタート 「ピッ」

「それっいけぇ」 「ブロックブロック」

単純なルールなのについ熱くなってしまった私

「ボケ防止の為に頭つかっとるんや」

とつい言い訳しながら記録更新を目指す毎日です。

さあ、あなたもLet’s チャレンジ!!
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-22 17:59 | つれづれ日記
皆さん、春になると思ったら雪が降り、せっかく変えたタイヤが恨めしい今日この頃です。
先日来、頻繁に城東やすらぎFCの活動がブログに登場しておりますが、今回は待望の公式戦初戦が行われました。

d0097634_893958.jpg


第1試合  対 ヨエーゲン金沢

スターティングメンバーは、安土・出口・平郡・佐久間(ヤンセン)・松本(ヤンセン)

初の公式戦、初の対外試合、初のグランドということで、雰囲気に呑まれたような動きのかたさがあり、先制点を決められた後も、着実に加点され、ナンバー9・中谷選手の絶好の位置からのシュートもポストに阻まれ得点できず。反撃もできないまま0対5の完敗。

まさかのヨエーゲン戦惨敗で、チーム名を「もっとヨエーゲン」に改名議論勃発!

第2試合  対 裏N&S

スターティングメンバーは、矢木・谷・村中(アウルズ)・宮口(アウルズ)・松本(ヤンセン)

2試合目ということもあり、「もっとヨエーゲン」論争によりコミュニケーションも図られ、落ち着いた出だしとなる。
開始3分、ナンバー5・矢木選手のコーナーキックが相手選手のオウンゴールを誘い、待望の先制点。
しかし、後が続かず、若さで勝る裏N&Sに押し込まれ、ナンバー10・平郡選手ナンバー11・安土選手等のシュートチャンスも多くあったが、相手キーパーの好守や、ポストに2度3度はね返される決定力不足に万事休す。
終わってみれば1対3の惜敗。


総論:初の試合はさておき、2試合目からは、フットサルらしくなってきた。
このまま、練習を続け、走ってスペースでボールをもらう動きや、スペースへの球出しができてくれば、初ゴールも近いと思われる。
また、チームの精神的支柱である「Dr.ひげづら」が、ニューハーフに拉致されていたことも発覚。
チーム内の組織分裂をたくらむ対戦相手の陰謀説も流れていたが・・・次回29日には出場できる見込み。

目下の話題は、初得点を入れるのは誰か?と、最終的に「もっともヨエーゲン」になりたくないということである。

応援に来てくれた皆さん、ありがとうございました。
次回は3月29日(木)です。チアリーダーの応援、お待ちしております。


追伸:骨折に注意!!


まさおう
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-17 17:18 | 職員レクリエーション
d0097634_17564612.jpg


高血圧は特に自覚症状がない場合が多く、軽く考えてしまいがちですが、そのまま放置しておくと動脈硬化を起こし、
やがて心臓病などの合併症を引き起こします。


高血圧の原因はいくつかありますが、その中でも最大の原因は
塩分のとりすぎです。


教室では、塩分のとりすぎを防ぐにはどうすればよいかなどお話しました。特に「血圧が高め」の患者様には関心を持って聞いて頂けました。
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-14 18:02 | 栄養部からのお知らせ

里山に魅せられて

私は、若い時から定年になったら山守(やまもり)をしようと思っていた。

私は2代目

親が植林したひば、昔からあるケヤキどんぐり山を守り育てる責務がある。
杉は3代目で柱や板になると昔から云われてきた。
今は、平均寿命が延びたのでちょっと違ってきたが、木を一人前にする為には、長い年月がかかる。

その長い年月の間には、雪害・台風など木も大きくなるまでには幾多の苦難を乗り越えなければならない。もちろん、下草刈り、枝下ろし、間伐、木おこし等々、山守の大変な労がある。

手間を惜しみなくかけた分だけ木は立派に大きく育つ。

もちろん、そこの地の利も大きく影響する。私は、自己満足と心の癒し、山の幸と暇つぶしのため、安全第一でのんびりと木の成長に合わせた山守を体が動く間やりたいと思う。
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-14 12:54 | つれづれ日記

私の趣味

私の趣味は民舞です。
友達の発表会を見に行ったのがきっかけで習い始めて早9年目に入りました。

年に2~3回大きな舞台に立つことがありますが、今までは「失敗しない様に踊ろう」という気持ちで一杯でしたが、最近は「失敗してもいいから練習したことを思い切り発揮して楽しく踊ろう」と変化が現れてきました。

私の踊りをたまにピカソの行事で披露する機会があり、入所者の方からほめてもらったり、「次はいつ踊ってくれるがや…」と声をかけられると単純な私はとても嬉しくなり、励みにもなります。

今年も9月に発表会があります。皆さん是非見に来てください!
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-07 13:28 | つれづれ日記
毎年恒例(?)となった当グループの冬季レクリエーションが
この雪不足の中、チャレンジングな企画として敢行された。

出だしでイキナリ局地的時差(笑)の問題(参加者のみに分かる表現でスミマセン)に直面し、この企画の遂行が危ぶまれたが、
何とか参加者全員がそろって目的地の妙高杉ノ原スキー場へ辿り着くことができた。

天候は晴れ時々曇りで、気温は高め。
積雪量は十分だったが、3月ということもあり、
雪質はザラメで、ふもとに行くほど雪が重い。

それでも頂上付近ではまずまずのコンディションで、
それなりにシュプールを描いて楽しむことができた。

d0097634_085080.jpg

みんなとてもいい汗をかいて、お腹一杯滑りを楽しむことができ、
ホント、行って良かったと思う一日となった。

ただ日ごろの運動不足がたたって、体のあちこちが悲鳴を上げてしまい、
1、2日は筋肉痛に苦しみそう(>_<)。

今回は諸事情から参加者数がちょっと寂しかったが、
また来年も企画するので、職員の皆さんは是非ご参加ください!!

・・・でも雪、降るのかなぁ?
                                           むらし

[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-04 00:33 | 職員レクリエーション

遠い思い出

大学生になっての 一番の思い出は 文学青年気取りの自分が 当時読み耽っていた
和辻 哲郎の『古寺巡礼』と 亀井 勝一郎の『大和古寺風物詩』の2書を抱えて バイトで貯めた有り金全部を持って京・奈良に約1週間遊んだことでした。

昭和28年の春 当時の 京・奈良は 今より 遥かに鄙びていて、現在では想像もつかないほど のんびりしていて 想えば あーよかったなーと、懐かしく思い出されます。

殊に 奈良の郊外には 西ノ京 周辺に 薬師寺あり、唐招提寺ありで、この2つの寺を何度行き来したことか。 当時は 今ほど 住宅が建て混んでいず、田舎田舎した雰囲気の中に薬師寺の東塔がほんのりと浮かび上がってきたり、唐招提寺では あの天平の甍がぐぐーっと迫ってくる様は えもいわれぬまさに夢のようでした。

 今 唐招提寺は解体再建中とか これが完成の暁には 新生された薬師寺共々 50数年振りに 家内同伴で 今様古寺巡礼をしたいと想っています。

ピカソ 浅井 伴衛
[PR]
by jotoyasuragi | 2007-03-02 13:28 | つれづれ日記

金沢市にある医療・福祉施設です。


by jotoyasuragi