城東やすらぎグループ ブログ

jyasuragi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:労働衛生 ( 1 ) タグの人気記事

産業医研修会報告

城東やすらぎグループのホームページはこちらから

11月14日に石川県地場産業振興センターで行なわれた石川産業保健推進センター主催の産業医研修会に参加しました。

「産業医等に対するメンタルヘルス対策及び過重労働による健康障害防止策に係る研修」

年々脳血管疾患や虚血性疾患による労災認定件数、また精神疾患等の労災認定件数が増加しています。労働安全衛生法を遵守するのは最低限の事で、現在はそれ以上の安全及び健康配慮義務が企業には求められます。近年は欧米を中心に企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)という事が叫ばれるようになってきています。
CSRとは利益を追求するだけでなく、消費者・取引先・従業員・行政・地域など多くの利害関係者(ステークホルダー)の懸念を意識し、それらの期待に応えようとする企業運営の事です。CSRを重視している会社は結果的に業績も安定・向上するとの事で、中でも従業員の労働衛生はCSRの重要な要素の一つになるようです。
また過重労働者を面接指導する際の方法や注意点についての話の中で「診察や検査で異常所見が見つからないからといって、過重労働を容認してはいけない」という話が印象に残りました。過重労働が常態化している職場では陥り易い事であり、100時間を越える過重労働は直ちに見直す必要があるという事を、産業医はしっかり肝に銘じなくてはなりません。

「精神科医等に対する産業保健に係る研修」

石川産業保健推進センター所長の小山善子先生司会のもと、精神科医3人、一般産業医の先生方6人でメンタルヘルス関連の事例についてグループミーティングを行い、結果を発表しました。
双方の立場での見解の違いや、連携の必要性などが見えてきて、非常に有意義な時間を持つことが出来たと思います。実際に外来患者様の職場復帰の際、診断書作成を求められる機会がありますが、医療面の情報だけではどうしても情報不足の面があり、産業医の先生からの情報提供があればもっと良いものが作成できるのではないか、と提案させて頂きました。
[PR]
by jotoyasuragi | 2009-11-26 11:34 | サイコドクターひげの独り言

金沢市にある医療・福祉施設です。


by jotoyasuragi