城東やすらぎグループ ブログ

jyasuragi.exblog.jp
ブログトップ

タグ:行事食 ( 35 ) タグの人気記事

7月の行事食 ~ 七夕

城東やすらぎグループのホームページはこちらから



d0097634_13521752.jpg
~献立~
・七夕そうめん
・とうがんの含め煮
・くずまんじゅう
・穴子ずし










七夕」にちなんでそうめんを提供しました。
そうめんは、小麦粉を原料としているので栄養価が高いのに加え、消化がよく、食べやすいので、食欲がなくなるこの季節にぴったりです。
[PR]
by jotoyasuragi | 2010-10-01 13:48 | 栄養部からのお知らせ
城東やすらぎグループのホームページはこちらから

5月17日(月)~5月19日(水) 介護老人保健施設ピカソ 通所リハビリ利用者 の方にバイキングを提供しました
d0097634_12303088.jpg


d0097634_12305042.jpg


d0097634_1231178.jpg


[PR]
by jotoyasuragi | 2010-06-14 12:00 | 栄養部からのお知らせ
城東やすらぎグループのホームページはこちらから

d0097634_18274914.jpg
~献立~
・おすし
・ブロッコリーと鱈のチーズ焼き
・すまし汁
・和え物
・ロールケーキ






クリスマス

12月25日はイエス・キリストの誕生を祝うキリスト教の伝統的な記念日です。
「クリスマス」という言葉は、キリスト教のミサ(キリストの祭り)を意味しているのだそうです。
[PR]
by jotoyasuragi | 2010-04-13 22:11 | 栄養部からのお知らせ

11月の行事食 ~ カニ

城東やすらぎグループのホームページはこちらから

d0097634_18174578.jpg
~献立(病院)~
・赤飯
・さばの七味焼き と 大根おろし
・カニの酢の物
・豚汁
・バナナ








d0097634_18244192.jpg
~ピカソ通所お弁当~











11/13の昼食に冬の味覚 「 カニ 」を提供しました

カニは高たんぱく・低脂質・低カロリーな食材です。
ビタミンB1、B2、E、ナイアシンといったビタミン群や、
カルシウム、鉄、亜鉛、銅などのミネラル成分やタウリンが豊富に含まれています。
[PR]
by jotoyasuragi | 2010-04-09 18:05 | 栄養部からのお知らせ

10月の行事食 ~ お月見

城東やすらぎグループのホームページはこちらから

d0097634_1751945.jpg
~献立~
・おすし
・南禅寺蒸し
・てまり麩の清汁
・和え物
・お月見ゼリー






お月見


お月見は旧暦の8月15日に月を鑑賞する行事で、この日の月は『中秋の名月』『十五夜』『芋名月』と呼ばれます。

ルーツは、中国各地で月見の日に里芋を食べることからもともとは里芋の収穫祭であったという説が有力です。

日本には奈良から平安時代に入ってきたようです。今年は10月3日が中秋の名月でした。とてもきれいなお月様でした。

[PR]
by jotoyasuragi | 2010-04-05 16:01 | 栄養部からのお知らせ

9月の行事食 ~ 敬老の日

城東やすらぎグループのホームページはこちらから

d0097634_1751945.jpg
~献立~
・おすし
・蓮根蒸し
・すまし汁
・里芋のとも和え
・巨峰






敬老の日

敬老の日は 『 としよりの日 』 という名前で昭和29年に制定されましたが、もっと良い呼び方にしようと昭和39年に 『 敬老の日 』 と改められ、昭和41年に “ 老人を敬愛し長寿を祝う ”日 として国民の祝日となりました。

もともとは9月15日でしたが、2003年より
祝日法 の改正 ( ハッピーマンデー制度 ) に伴って9月の第三月曜日になり、今年は9月21日でした。

当院では、9月18日の昼食におすしでお祝いしました。

[PR]
by jotoyasuragi | 2009-12-01 18:30 | 栄養部からのお知らせ
城東やすらぎグループのホームページはこちらから



d0097634_16424882.jpg
~献立~
・七夕そうめん
・とうがんの含め煮
・七夕ゼリー
・穴子ずし








■ 「七夕」 は 「そうめんの日」 …… その由来って?

7月7日が 「そうめんの日( 乾めんの日 )」でもあることをご存じでしたか? ※全国乾麺協同組合連合会

なぜ、「七夕」が「そうめんの日」なのかといえば、 七夕の時期に取れる小麦の収穫を感謝するということと、素麺の流れが天の川を思わせること、また麺が織姫がつむぐ糸に見えることなどからきているようです。他にも、夏に栄養価の高いそうめんを食べて健康増進をはかったと言う説もあるようです。
[PR]
by jotoyasuragi | 2009-07-15 11:43 | 栄養部からのお知らせ
城東やすらぎグループのホームページはこちらから

d0097634_18413728.jpg



5月5日は 「端午の節句」 でした。

端午の節句」の起原は古代中国に遡ります。
古来より中国では 物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていました。
日本でも奈良・平安時代には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出て、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうです。


古代中国では、端午の節句の日に人々は蘭の湯に浸かり、薬草である菖蒲酒を飲み、その菖蒲で体のけがれを祓って健康と厄除けを願いました。この行事が、後に日本の宮中から鎌倉の武家社会へと拡がります。
特に武士は菖蒲を 「尚武 = 武をたっとっぶ」 とかけて、5月5日を尚武の節目の行事とし、盛んに端午の節句を祝うようになります。

やがて江戸時代に入ると、武家に男の子が生まれると門前に馬印(うましるし)や幟(のぼり)を立てて男児誕生を衆々に知らせ、お祝いました。(当時男児の誕生は、とてもめでたいことでしたから)

これらの風習が やがて裕福な庶民の間へと拡がりを見せ、鯉のぼりをあげたり紙の兜や人形を作るようになり、武者人形などに発展していきました。
[PR]
by jotoyasuragi | 2009-06-15 10:30 | 栄養部からのお知らせ

1月の行事食 ~ お雑煮

城東やすらぎグループのホームページはこちらから



d0097634_19343737.jpg
~献立~
・お雑煮
・かに玉
・牛肉と野菜の煮込み
・白和え
・バナナ






1月11日は鏡餅を食べる 「鏡開き」 の日です。

鏡開き」は、旧年の無事を神様に感謝しながら、神様に供えた鏡餅をお下がりとして
いただく儀式です。餅を食べる者には、力を授けられるといわれています。もともとは
武家の間で行われていた習慣でしたが、その後縁起を大切にする商人の間に広がり、
一般化したといわれています。
[PR]
by jotoyasuragi | 2009-02-15 19:30 | 栄養部からのお知らせ

季節の献立 ~ あゆ

城東やすらぎグループのホームページはこちらから


8月18日の昼食(選択メニューB食・治療食)
鮎の塩焼き

d0097634_18325759.jpg


☆★☆ 鮎(アユ) ☆★☆
鮎は、東アジア特に日本の名産魚で、夏に旬を迎えます。
『鮎』の字が当てられた由来には、アユが一定の縄張りを独するところからつけられたというものや、日本書紀に出てくる話に 神功皇后いのために釣りをしたところ 釣れた魚がアユであったため、などがあります。
栄養面では、ビタミンA、D、E、K、亜鉛、カルシウムなどが豊富に含まれています。
[PR]
by jotoyasuragi | 2008-09-30 01:30 | 栄養部からのお知らせ

金沢市にある医療・福祉施設です。


by jotoyasuragi